【2024】おすすめの軽量マットレス5選【失敗しない選び方】

【PR】

 

軽いマットレスが欲しい…。

 

重いと持ち運びが大変なので…。

 

軽量のマットレスは、どれが良いのかな?

このような疑問に答える記事です。

 

 

この記事の内容は、次のとおり。

  • 軽量マットレスの選び方がわかる
  • 軽量マットレスの特徴がわかる
  • おすすめの軽量マットレスがわかる

軽量マットレスは持ち運びやすく、収納にも便利です。

 

単に軽さだけで選んでしまうと、「失敗した!」と後悔することになりかねません。

 

この記事では、軽量マットレス選びの参考になるように、3つのポイントを紹介しています。

 

また、おすすめのマットレスを5つ紹介しています。

 

ぜひ最後まで、読み進めてマットレス選びの参考にしてください。

失敗しない軽量マットレスの選び方

軽量なマットレスを探している方は、次の3点を重視して選んでください。

  1. マットレスの素材
  2. マットレスの厚さ
  3. 携帯性と保管性

どの項目も重要なものばかりです。

 

順に詳しく説明します。

 

①【軽量マットレス】素材の選び方

軽量のベッドマットレスは、持ち運びや収納がしやすいのが大きなメリットです。

 

一人暮らしの方や、ベッドを頻繁に移動させる方などに人気があります。

 

軽量マットレスを選ぶ際は、素材選びのポイントを押さえることが大切です。

 

マットレスの主な素材には、ウレタンフォーム、ファイバー、コイルなどがあります。それぞれに特徴があります。

 

ウレタンフォームの特徴

ウレタンフォームは、発泡ポリウレタン樹脂から作られた素材です。

 

軽量で耐久性があり、さまざまな硬さや寝心地を実現することができます。

 

高反発ウレタンフォームは弾力性に優れ、体をしっかり支えてくれるため多くのマットレスに使用されています。

 

ファイバーの特徴

ファイバー素材のマットレスは、ポリエチレンやポリエステルなどの樹脂を繊維状に編んだ素材を使用しています。

 

ファイバー素材は空洞が多く、密度が低いため軽量です。通常のスプリングマットレスの約半分程度の重さです。

 

マットレスの上に重い物を置いても、沈み込みが少なく、耐久性にも優れています。

 

コイルマットレスの特徴

コイルマットレスとは、コイルと呼ばれるバネを組み合わせたマットレスのことです。体圧分散性に優れ、寝返りがしやすいのが特徴です。

 

ポケットコイルやボンネルコイルのようなスプリングが内部に組み込まれたマットレスは素材自体の重さがあります。

 

しっかりとしたサポートや快適な寝心地を提供する特性があります。

 

軽量なマットレスを選ぶ場合は、ウレタンフォームやファイバー素材がおすすめです。

 

②【軽量マットレス】厚さの選び方

一般的に軽量マットレスの厚さは、12cm〜20cm程度のものが多いです。

 

12cm前後の薄いマットレスでも、高反発素材やポケットコイルなどの素材を使用することで、体圧分散やサポート性を高めることができます。

 

また、軽量マットレスは、厚みのあるマットレスに比べて、通気性が良いというメリットもあります。

 

軽量マットレスは寝汗をかきやすい人や、寝室の温度が高い人におすすめです。

 

十分な厚みがあれば、床からの冷気や硬さを緩和し、より快適な寝心地を提供します。

 

体型によって、おすすめの厚さが変わります

軽量マットレスの厚さは、体型によっても選ぶべきものが異なります。

 

体重が重い人は、薄すぎると体圧が集中して寝心地が悪くなるため、厚めのマットレスがおすすめです。

 

一方、体重が軽い人や寝返りの回数が多い人は、薄めのマットレスがおすすめです。

 

軽量マットレスの厚さ選びは、ご自身の体型や寝姿勢、好みなどを考慮して決めてください。

 

③【軽量マットレス】携帯性と保管性

軽量マットレスは持ち運びや保管がしやすいことが、大きなメリットです。

 

二段ベッドやロフトベッドで使う場合や、頻繁に収納する場合などは、携帯性と保管性に優れた軽量マットレスがおすすめです。

 

軽いマットレスは、持ち運びが楽です

軽量マットレスの持ち運びのしやすさは、重量とサイズによって決まります。

 

重量は10kg以下を、目安にするとよいでしょう。

 

サイズは厚さ10cm以下の薄型タイプや、三つ折りタイプがおすすめです。

 

三つ折りは、コンパクトに収納できる

三つ折りタイプのマットレスは、折りたたむとコンパクトになるので、持ち運びや保管がしやすいです。

 

また、収納するときに場所を取らないので、一人暮らしの部屋や狭い寝室でも使いやすいです。

 

旅行やキャンプなどのアウトドア活動に最適です。車やバッグに簡単に収納できるため、移動時の負担も軽減されます。

 

軽すぎるマットレスは、耐久性に注意

軽すぎるマットレスは耐久性に劣る場合があるので、注意が必要です。

 

薄型マットレスは、底つき感がある場合があります。試し寝をすることで、自分に合ったマットレスを探すことができます。

 

おすすめの軽量マットレス5選

おすすめの軽量マットレスを5つ紹介します。

  1. モットン
  2. 雲のやすらぎプレミアム
  3. ドクタータフィ
  4. エムリリー優反発
  5. アイリスオーヤマ/エアリーハイブリッドマットレス

順に詳しく解説します。

 

おすすめの軽量マットレス①:モットン

モットン
おすすめ度
販売会社 株式会社グリボー
販売価格 ・シングル:39,800円

・セミダブル:49,800円
・ダブル:59,800円

配送料 全国一律3,960円/1万円以上購入で無料
保証期間 90日間返金保証
芯素材 高反発ウレタン
硬さ 140N/170N/280N
厚さ 10cm
重さ ・シングル:7.5kg

・セミダブル:9.0kg
・ダブル:10.7kg

密度 30D
生産国 日本(本体)
復元率 約96%
特徴 ・自然な寝返りをサポートする反発力

・体圧分散に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
・8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性
・ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心
・体重や好みに合わせて選べる硬さ

会社のHP https://motton-japan.com/
購入先 ≫公式サイトはこちら

 

モットンのマットレスは、シングルサイズで7.5kg、セミダブルサイズで9.0kgと、一般的なマットレスよりも軽量です。

 

女性や一人暮らしの方、ベッドを運ぶのが難しい方など、軽量のマットレスを探している方におすすめです。

 

また、3種類の硬さから体重や好みに合わせて、選ぶことができます。収納時は三つ折りにできるため、場所を取らずに保管できます。

 

高品質なウレタンマットレス

モットンのマットレスが軽量なのは、ウレタン素材を独自の技術で加工しているためです。

 

ウレタン素材は通常、硬さや反発力に応じて重量が増加してしまいます。

 

モットンはウレタン素材の密度を高めることで、軽量でありながらも高品質なマットレスを作り出しています。

 

モットンは体圧分散性に優れています。適度な硬さがあり、寝返りがしやすいため、腰痛対策にもおすすめです。

 

 

\ 当サイト最もおすすめのマットレス /

\当サイト最もおすすめのマットレス/

 

 

おすすめの軽量マットレス②:雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎプレミアム
おすすめ度
販売会社 株式会社イッティ
販売価格 ・シングル:39,800円

・セミダブル:49,800円
・ダブル:59,800円

配送料 無料
保証期間 100日間返金保証
芯素材 高反発ウレタンフォーム
硬さ 150N
厚さ 17cm
重さ ・シングル:6.0kg

・セミダブル:7.2kg
・ダブル:8.4kg

密度 35D
生産国 日本
復元率 100%
特徴 ・凹凸加工のアルファマットが体圧を拡散し腰の負担を軽減

・厚さ約17cmの極厚ふんわりボリューム敷布団
・最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい!
・リバーシブルで春夏は通気性抜群!
・防ダニ・抗菌、防臭効果

会社のHP https://itty.co.jp
購入先 ≫公式サイトはこちら

雲のやすらぎプレミアムは寝心地が良く、体圧分散性に優れたマットレスです。軽量で扱いやすいことで、人気があります。

 

体圧分散性とは体重を体全体に分散させて、体にかかる負担を軽減する効果です。

 

雲のやすらぎプレミアムスは5層構造の特殊なウレタンフォームを採用しており、体を点で支えて、腰や肩の負担を軽減します。

 

軽量なので、持ち運びが楽

また、雲のやすらぎプレミアムマットレスは、シングルサイズで重量が6.0kgです。一般的なマットレスよりも軽量なので、女性や高齢者でも持ち運びや設置が簡単です。

 

軽量なので、ローテーションを頻繁に行うことができます。

 

ローテーションを行うことで、マットレスへの負担を分散し、長持ちさせることができます。

 

雲のやすらぎプレミアムは軽量なだけでなく、体圧分散性にもこだわりたい方におすすめです。

 

 

 

 

おすすめの軽量マットレス③:ドクタータフィ

ドクタータフィ・プレミアマットレス
販売会社 株式会社TOUGHLIFE
販売価格

・シングル:39,800円
・セミダブル:48,800円
・ダブル:57,800円

配送料 無料
保証期間 90日間返品・返金保証
芯素材 ウレタンフォーム
硬さ 上層:134N(かため)/下層:28N(やわらかめ)
厚さ 6cm
重さ

・シングル:4.2kg
・セミダブル:5.1kg
・ダブル:6.0kg

密度 上層:25D/下層:35D
生産国 商品企画:日本/製造:中国
会社のHP https://shop.doctoryotsu.com
購入先 ≫公式サイトはこちら

ドクタータフィのマットレスは、腰痛専門接骨院と老舗寝具メーカーが共同開発した高品質なマットレスです。

 

ドクタータフィ・プレミアマットレスは、高反発と低反発の2層構造で、凸凹のプロファイル加工が体圧分散を促進し、理想的な寝姿勢をサポートします。

 

軽量薄型のマットレス

また持ち運びもラクな厚さ約6cmの軽量タイプです。

 

ドクタータフィ・プレミアマットレスは、シングルサイズで約4.2kg、セミダブルサイズで約5.1kg、ダブルサイズで約6kgと軽量です。

 

ドクタータフィのマットレスは、軽量でありながら、体圧分散性や耐久性に優れているため、軽量のマットレスを探している方におすすめです。

 

 

\ 医師が選ぶマットレス No.1 /

\ 医師が選ぶマットレス No.1 /

 

 

おすすめの軽量マットレス④:エムリリー優反発

エムリリー優反発
おすすめ度
販売会社 株式会社新陽トレーディング
販売価格 ・セミシングル:35,980円

・シングル:38,980円
・セミダブル:47,980円
・ダブル:56,980円

配送料 無料(沖縄、一部離島を除く)
保証期間 30日間返金保証/品質保証3年
芯素材 優反発ウレタン
硬さ ややかため
厚さ 5cm/8cm/11cm
重さ ・セミシングル:7.2kg

・シングル:8.0kg
・セミダブル:11.0kg
・ダブル:13.0kg

復元率 99.5%
会社のHP https://www.tobest.jp/
購入先 ≫公式サイトはこちら

 

エムリリー優反発のマットレスは、厚さ5cmのシングルサイズで8.0kg、セミダブルサイズで11.0kgです。一般的な高反発マットレスよりも、軽量になっています。

 

エムリリー優反発マットレスは、独自の製造法によって生まれた「優反発フォーム」を採用しています。

 

低反発でも高反発でもない次世代ウレタンフォームであるため、通気性にも優れています。

 

優反発は、高反発マットレスと同等の体圧分散性と復元力がありながら、耐久性も高く軽量化を実現しています。

 

軽量なので、持ち運びしやすい

エムリリー優反発マットレスは軽量なので、持ち運びや設置がしやすいです。

 

優反発ウレタンを使用した二層構造で、体圧分散性に優れており、寝返りがしやすいのもポイントです。

 

さらに通気性抜群で、寝汗をかいても蒸れにくく、グッスリと眠ることができます。

 

 

\ 累計1,200万枚販売 /

\ 累計1,200万枚販売 /

 

 

おすすめの軽量マットレス⑤:アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ エアリーハイブリッドマットレス
おすすめ度
販売会社 株式会社アイリスプラザ
販売価格

・シングル:28,520円
・セミダブル:41,170円
・ダブル:45,770円

配送料 無料
保証期間 30日間返品保証
芯素材 エアロキューブ
硬さ 75N(ムマック)
厚さ 9cm
重さ

・シングル:5.9kg
・セミダブル:7.4kg
・ダブル:8.3kg

会社のHP https://www.irisplaza.co.jp/
購入先 ≫公式サイトはこちら

アイリスオーヤマの「エアリーハイブリッドマットレス」は、エアロキューブと呼ばれる特殊な素材を使用したマットレスです。

 

エアロキューブは、空気を含んだ繊維の集合体で、製品体積の95%が空気です。

 

そのため、重量はシングルサイズで約7.5kgと、一般的な敷布団の半分程度と軽量です。

 

軽量なため、持ち運びや敷き布団の上げ下ろしも楽に行えます。また、女性や高齢者でも扱いやすいのがポイントです。

 

通気性に優れている

エアリーハイブリッドマットレスは、通気性に優れているのも特徴です。エアロキューブは、空気を含む繊維の集合体なので、空気の循環が良く、寝汗などの湿気を逃がしやすくなっています。

 

そのため、ムレやカビの心配が少なく、快適に眠ることができます。

 

アイリスオーヤマの「エアリーハイブリッドマットレス」は、軽量で通気性に優れているため、軽量のマットレスを探している方におすすめです。

 

 

 

 

軽量マットレス Q&A

軽量マットレスの素材にはどのような種類がありますか?

軽量マットレスの素材には、ウレタンフォーム、ファイバー、コイルの3種類があります。ウレタンフォームは軽くて耐久性があり、ファイバーは通気性に優れています。コイルは体圧分散性が高いですが、一般的に重くなります。

 

体重が重い人と軽い人で、マットレスの厚さの選び方はどう変わりますか?

体重が重い人は厚めのマットレス(例えば、15cm以上)がおすすめです。これは体圧が集中して寝心地が悪くなるのを防ぐためです。逆に、体重が軽い人や寝返りが多い人は、薄めのマットレス(例えば、12cm以下)が適しています。

 

軽量マットレスの持ち運びや保管に便利な特徴は何ですか?

軽量マットレスはその名の通り重量が軽く、サイズもコンパクトなものが多いです。特に三つ折りタイプは折りたたむと更にコンパクトになり、狭い場所でも収納が可能です。重量が10kg以下で、厚さが10cm以下の薄型タイプは、持ち運びが特に楽です。

 

軽量マットレスの選び方:まとめ

軽量マットレスは、持ち運びや保管がしやすいのがメリットです。一人暮らしの方や、ベッドを頻繁に移動させる方におすすめです。

 

軽量マットレスを選ぶ際は、素材、厚さ、携帯性と保管性の3点を重視することが大切です。

 

素材はウレタンフォームや、ファイバー素材が軽量で耐久性に優れています。

 

厚さは、体型や寝姿勢によって選びましょう。携帯性と保管性は、軽くてコンパクトなタイプが持ち運びや収納に便利です。

 

軽量マットレスは、持ち運びや保管がしやすいのがメリットです。二段ベッドやロフトベッドで使う場合や、頻繁に収納する方におすすめです。

 

ただし、軽すぎるマットレスは耐久性に劣る場合や、底つきを感じる場合があります。試し寝をして、自分に合ったマットレスを探すのがベストです。

 

軽量マットレスを検討している方は、ぜひ参考にしてください。